在宅介護の完全攻略マニュアル

自宅で介護をする人にうれしい情報満載

*

「 介護保険 」 一覧

在宅介護は制度や市販商品を活用して出費と負担を抑えるべし

在宅介護は制度や市販商品を活用して出費と負担を抑えるべし

介護にかかる費用は、思ったよりも膨大なものになります。病院の診療や薬の自己負担分、薬代、介護保険サービスの利用料など、それまでと変化する衣類や寝具関係、排泄にかかる道具、ことによってはリフォームを行うなど、予想以上に高くなります。介護費用は要介護度によって大きく異なり、要介護度が高くなるほど負担が増します。 介護制度を活用して出費を抑える 介護費用の出費を抑えるためには、介護保険のサービスだけではなく、自治体や福祉協議会の独自のサービスを探すようにするといいでしょう。紙おむつの無償貸与などをしている場合もあります。 そのほか、盲点としては、別居介護をしている場合には、隣近所に見守りをお願いして …

誰にでもできる在宅介護を楽にする簡単な方法

誰にでもできる在宅介護を楽にする簡単な方法

在宅介護を主に担うのは、主婦等の女性です。介護は24時間365日で休みはありません。介護に追われて、自分の時間が持てない、心に余裕に無くなる等の問題が出てきます。 楽しく在宅介護とは言えないかもしれないかもしれませんが、在宅介護はやり方次第で、在宅介護を楽に出来ます。 介護保険は在宅介護の支援を行うために作られた制度です。利用するには、介護認定が必要ですが、申請を行い、介護認定の介護度により、制限はあるものの介護サービスを利用する事が出来ます。家族の協力なくして在宅介護は成り立ちませんが、実際の介護者は主婦等、常時自宅に居る女性が大多数を占めています。 介護を一人で抱え込むことで、色んな悩みや …

介護保険を利用して在宅介護を楽にする!知らないと損する!

介護保険を利用して在宅介護を楽にする!知らないと損する!

医療費の削減を目的に導入された「介護保険制度」ですが、40歳以上の人が介護保険料を天引きされているのはご存知ですね。しかし、40歳~65歳までは脳疾患の場合に限り介護保険利用出来、65歳以上は脳疾患に限らず適用となります。 表向きは在宅介護の推進ですが、実際には在宅介護数は増えてはいません。でも、在宅介護で介護保険を利用する事は、大いに家族を助けてくれます。例えば、デイサービス・ショートステイ・ホームヘルパー(訪問看護・介護)・を使用すれば、家族の負担は多少なり家族の介護の負担は軽減することでしょう。 受けられる介護内容は、介護認定の申請を行い、ケアマネの訪問により、介護度が決まります。介護認 …