在宅介護の完全攻略マニュアル

自宅で介護をする人にうれしい情報満載

*

認知症のサインが見られたら?グループホームは入りどきが肝心!

認知症のサインが見られたら?グループホームは入りどきが肝心!

メディアでもよく言われている2025年問題。これは2025年には4人に1人が認知症になるというものですが、それが謳われた後からも認知症発病率は若年化・急速化し、今は3人に1人とも言われています。 実際に在宅介護で深刻な問題に発展するのが、認知症の方がいらっしゃる場合です。ご家族の精神的負担は絶大なるもので、見守りへの時間拘束とプレッシャーは計り知れません。 認知症のサイン 認知症の方は誰でもいきなり記憶障害が生じるわけではなく徐々にそのサインを見せています。 これに本人が「おや?」と気付けるか。現状はご本人がそれを認めない?自覚できないケースがあるためまたこれが初診への妨げになっている現実もあ …

認知症介護で気を付けること

認知症介護で気を付けること

  2015/11/23    認知症 ,

認知症とは 認知症とは、脳細胞の伝達組織が何らかの原因により破壊されて起こる様々な障害のことです。 その原因や症状の違いから、アルツハイマー型認知症や脳血管性認知症になどに分類されます。 中核症状(全ての認知症患者に認められる)、周辺症状(全ての患者に認められるわけではなく差がある)があり、その症状の大きさや頻度にはかなり個人差があり、今回は介護を行う上で、どのように接し関わっていけば良いのかを考えたいと思います。 認知症の関わり方 まず「これは病気なのだ」と理解する事です。 その症状から、その人の人間性に疑問を持つ事もあると思いますし、業務の忙しさから邪険に接したくなる事もあるでしょう。 病 …

老老介護の恐怖と対策

老老介護の恐怖と対策

  2015/11/19    老老介護 ,

高齢化社会で急激に増えてるのが老老介護。遠方に暮らす子供を頼れず、高齢の夫婦で共に助け合っている状態のことを言います。しかし、そこには様々な危険が伴っています。 見落としやすい 老老介護の怖さは周囲が見過ごしてしまう事だと私は思います。 例えば要介護者と介護者だけで同居していたとします。 介護者が認知症を発症して、正しい判断が出来なくなっていても、要介護者も気付きにくいし、周囲も気づく事は難しいでしょう。 認知症の初期、中期の状態では会話は成り立っているときも多くみられます。 認知症の初期症状は人それぞれですが、時間や場所がわからなくなる「見当識障害」といわれる症状が出現しやすくなります。 た …

床ずれ(褥瘡)の進行症状と予防方法

床ずれ(褥瘡)の進行症状と予防方法

  2015/11/16    床ずれ ,

床ずれとは、簡単に説明するなら「寝だこ」です。医学的な言葉を使うと「褥瘡(じょくそう)」と言われます。 床ずれができる要因は一つではありません。 多くみられる要因は、栄養状態が悪い人が寝たきりなどになり、長い時間、皮膚の同じ部位を圧迫することで血液の循環が悪くなり、虚血状態となり皮膚の組織が壊死し、それが傷となり床づれと呼ばれるものになります。 目に見えてわかる段階としてまず「発赤」といわれるものが出来ます。それが第一段階で、皮下の組織に障害が起きだします。 見た目は皮膚の炎症なのですが、皮膚がうっすら赤くなっているだけなので、見慣れない人には見落としてしまう事もあります。 この状態が続いたま …

本当に恐ろしい介護鬱について!精神的に参る前に予防策を!

本当に恐ろしい介護鬱について!精神的に参る前に予防策を!

  2015/07/18    介護鬱

在宅介護の場合は、施設で勤務するように時間帯に制限はありません。それこそ、介護の日々が続きます。他の家族が手伝ってくれたり、親戚で交代しながらの介護であれば、多少は負担が減るかもしれませんが、大抵は特定の人が中心となって介護する事が多いはずです。 自宅で介護するには、介護用に自宅を改装していないと使い勝手が悪いものです。介護者も基本的な知識のない中で、行わなければなりません。最初の頃は、色々と模索しながら一生懸命に介護することでしょう。 しかし、「この介護がいつまで続くのか」という見通しのない状況に行き着いた時、介護疲れ・ストレスなどを一気に抱え込んでしまいます。誰にも代わってもらえず、相談も …

誰にでもできる在宅介護を楽にする簡単な方法

誰にでもできる在宅介護を楽にする簡単な方法

在宅介護を主に担うのは、主婦等の女性です。介護は24時間365日で休みはありません。介護に追われて、自分の時間が持てない、心に余裕に無くなる等の問題が出てきます。 楽しく在宅介護とは言えないかもしれないかもしれませんが、在宅介護はやり方次第で、在宅介護を楽に出来ます。 介護保険は在宅介護の支援を行うために作られた制度です。利用するには、介護認定が必要ですが、申請を行い、介護認定の介護度により、制限はあるものの介護サービスを利用する事が出来ます。家族の協力なくして在宅介護は成り立ちませんが、実際の介護者は主婦等、常時自宅に居る女性が大多数を占めています。 介護を一人で抱え込むことで、色んな悩みや …

介護保険を利用して在宅介護を楽にする!知らないと損する!

介護保険を利用して在宅介護を楽にする!知らないと損する!

医療費の削減を目的に導入された「介護保険制度」ですが、40歳以上の人が介護保険料を天引きされているのはご存知ですね。しかし、40歳~65歳までは脳疾患の場合に限り介護保険利用出来、65歳以上は脳疾患に限らず適用となります。 表向きは在宅介護の推進ですが、実際には在宅介護数は増えてはいません。でも、在宅介護で介護保険を利用する事は、大いに家族を助けてくれます。例えば、デイサービス・ショートステイ・ホームヘルパー(訪問看護・介護)・を使用すれば、家族の負担は多少なり家族の介護の負担は軽減することでしょう。 受けられる介護内容は、介護認定の申請を行い、ケアマネの訪問により、介護度が決まります。介護認 …

在宅介護から施設介護へ!老人ホームの選びかたとは?

在宅介護から施設介護へ!老人ホームの選びかたとは?

老人ホームの種類は、養護老人ホーム・介護老人保健施設・特別養護老人ホーム・介護付き有料老人ホームなど、人それぞれに適した老人ホームを選ぶのは、素人には難しい事です。まず、どの老人ホームが現状や今後の介護の必要性に対応していける事を、考慮して考えていかなければなりません。 恐らく、在宅からの老人ホームへの入居は、特別養護老人ホーム・介護付き有料老人ホームのどちらかになるかと思います。要は終身介護(ターミナルケア)がある施設に入居ということになるでしょう。 特別養護老人ホームの方は、既存からある社会福祉法人が運営する老人ホームです。経費は余り高くはありませんが、待機者(入居を待っている人)が多いの …

高齢者の食事でもある介護食は食べやすさと栄養を考慮する

高齢者の食事でもある介護食は食べやすさと栄養を考慮する

  2015/03/31    介護食 ,

高齢者の食事は全体的に柔らかいものに偏りがちです。従って、栄養バランスが偏る事も考えられます。個々で食べ物の好みや硬い物・柔らかい物は、義歯使用かどうかで違ってきます。義歯だとなかなか硬いものは避けたくなりますし、細かい物も入れ歯の中に物が入るなどして、痛い思いをする事もあります。 体力の消費がそんなに激しい高齢者の方は、食べる量もそんなに多くは食べられなくなってきます。また、脂っこいものも受け付けなくのも、よくある事で、肉より魚の方が良いと思う人が増えてくるでしょう。 介護食に関しては、通常の食事では経口摂取が難しい人もいます。そのままでは、食べにくいとの訴えや、見ていて食べにくそうだなと感 …

在宅介護の洗濯は重労働!必要に応じて消毒も行う!

在宅介護の洗濯は重労働!必要に応じて消毒も行う!

  2015/02/23    洗濯 , ,

在宅介護の場合は、ヘルパーさんを頼むことが多いことでしょう。デイサービスやヘルパーさんを利用している時に、入浴する機会が多くなると思いますが、大抵はその時を見計らって、寝具や衣類の交換の後、洗濯する事になります。 要介護者と同時に洗濯するのが嫌な場合は、消毒液で浸け置き、若しくは熱湯消毒してから、他の家族の物とは別に洗濯する方が無難です。また、普段でも排泄で汚れてしまう場合があります。その時には、直ぐに洗濯した方が臭いなどの不快な思いをしなくて済みます。この場合も消毒を行い洗濯する事をオススメします。 また、デイサービスなど通っている場合は、他の人と接触する機会があります。どのような人が、どの …